不動産業者が言えないハナシ

      中古一戸建てを探す方法

       中古一戸建ての場合、不動産業者が売主というケースが少ないため、探し方は
       新築一戸建てと異なります。

      ほとんどの中古一戸建ては個人が売主です。
      そして売りに出す場合、不動産会社へ依頼し、売却の媒介契約を結びます。その
      うち専任媒介と専属専任媒介では、不動産会社はレインズという不動産業者だけ
      のネットワークに物件情報を掲載する義務があります。

      そうすると他のどの不動産業者でもそのデータを取り出す事ができるのです。
      なので、どこの不動産会社へ行っても同じ物件があり、紹介できる、という事にな
      ります。
      また、中古一戸建ては売主が居住中のまま売りにだされる事もよくあります。
      売主の希望(近所に知られたくないなど)で、ネットに掲載されない場合も多いので、
      信頼できる不動産会社に探してもらうのが良いでしょう。
      ただ注意が必要なのは、大手不動産会社には物件データをレインズに掲載しても
      他社のお客には買えなくしているところがあります。
      例えばA不動産の営業マンがレインズを見て、「そういう物件を探しているお客様が
      いるので、紹介したい」と大手B不動産会社へ電話します。
      すると「お話が入ってます」と言って紹介させてくれません。実際に話が入っている
      かどうかは分かりませんが、その後1、2ヶ月たってもまだレインズに掲載されてい
      たり、大手B不動産会社のチラシに載っていたりします。

      明らかにA不動産にはお客さんを付けてもらいたくないのです。
      結果A不動産のお客さんは大手B不動産会社から買うしかないのです。
      それが狙いです。
      結論としては、「信頼できる不動産業者、もしくは信頼できる営業マンに探してもら
      いながら、大手不動産会社のサイトやチラシもチェックする」
      となると思います。


       「不動産業者が言えないハナシ」目次へ戻る。

不動産コンサルタント石山剛とは

      
1963年生まれ。
さいたま市内に在住すること30年。
宅地建物取引主任者。
住宅ローンアドバイザー

さいたま市・川口市で、不動産会社や建築会社に20年近く営業として勤務。200件以上の契約を経験、その数倍の取引に関わる。
不動産会社に所属していると『完全にお客様立場にはなれない』と感じ、さいたま市・川口市限定、住宅購入に悩む人の為のコンサルタントとして活動を開始する。
趣味は居酒屋巡り、海釣り。

メールでのお問合せ・ご相談は下記
アドレスへ! 3回まで無料です。

     info@fudosan-saitama.com
     

 

ページの上部へ